プレスリリース代行 "Good Press"

プレスリリースの重要性

中小企業の皆さん必見! プレスリリースを発信しましょう

プレスリリースの発信

「ウチの商品やサービスをもっと知ってほしいなぁ……」、「なかなか知名度がないからなぁ……」
そんなお悩みを抱えていらっしゃる、経営者の皆さん必見!
自社の新製品・サービス、あるいは取り組みなどの情報をメディアに発信していきましょう。
それが「プレスリリース」です。
真の目的はステークホルダーへ自社の情報を届けることですが、現実的な目的としてはメディアへの露出です。
費用を支払い掲載媒体の枠を購入する「広告」とは異なり、プレスリリースは記事扱いになるので、情報の信頼度は高まります。
プレスリリースを配信したとは言え、メディアに取り上げらる確率は非常に低いのが現状ですが、これは大企業においても扱いは同じです。
大切なのは、「ステークホルダーに情報を届けたい」という思い。
リリースを配信を行わないよりも、継続的に配信し続けることで、注目度は上がっていきます。

インターネット経由でリリース配信を

第5のメディアでインターネット発信

新聞、テレビ、雑誌、ラジオの四大メディアが重視されていますが、現在はインターネットがという新たなメディアが誕生しています。インターネットではプレスリリース配信代行企業があり、その企業経由で四大メディアのサイトに転載されることがあります。

インターネット経由でのリリース配信ならば、メディアに強いコネクションがなくとも、さらに企業規模も関係ありません。つまり、戦う土俵は同じ。ならば、中小企業の皆さんこそ、インターネットでの配信代行を利用しましょう。

「担当者がいない」なら、作成代行を

プレスリリース作成代行サービス“Good press”

プレスリリースの重要性はご理解いただけたかと思います。 しかし、やはり「人がいない」から手がつけられないとお考えの中小企業の方々も多いはず。
そんな時はS&Eマネージメントのプレスリリース作成代行サービス”Good press”をご利用ください。

私たちがお客様に直接お会いし、お客様の新たな魅力を引き出します。

そして、単なる情報発信だけではなく、さまざまな角度から情報を俯瞰し、編集を行うことで、情報のエッジ(=重要度)を際立たせていきます。

「御社の事業の素晴らしさを広く伝えて、御社と社会の役に立ちたい」という熱い思いは、代行業務の範囲を越えていると、自負しています。

当社の”Good press”を通じて、御社の情報をさらにGoodなものにしていきませんか?

配信先について

情報発信にとって非常に有益なリリース配信サイトへ

『Good press』では、ネットを介したリリース配信の場合、『PR-TIMES』を利用しております。

PR-TIMESへリリース配信代行を行います

『Good press』が『PR-TIMES』を利用する理由は……

“最も閲覧されているプレスリリースサイト”として国内シェアNo.1
プレビュー数の多い転載サイトとの提携
闇雲に記事を配信するのではなく、厳選された配信先を用意している点
……などを踏まえ、情報発信にとって非常に有益なリリース配信サイトだと考えております。

配信までのフロー

プレスリリース作成・配信までのフロー

お客様から作成代行依頼を受けたS&Eマネージメントが、取材・原稿作成し配信します。その後リリース配信会社がステークホルダーへ配信します

3つのプランをご用意

リライトコース30,000円 ・企業様から頂いた原稿をリライト。・オリジナルプレスリリース用紙面を作成。・配信サイトへの配信手続き(※)代行

ヒアリングコース 50,000円・配信ニュースに関するヒアリング、ならびに原稿作成。・オリジナルプレスリリース用紙面を作成。・配信サイトへの配信手続き(※)代行。

クリエティブコース 80,000円 ・配信ニュースに関する企画立案、ヒアリング、ならびに原稿作成。・配信サイトへの配信手続き(※)代行。・オリジナルプレスリリース用紙面を作成。

  • ※配信サイト利用実費(3万円+税)はご負担いただきますよう、お願いします。
  • ※各メディア宛のプレスリリース郵送代行に関してましては、別途見積をさせていただきます。

よくあるご質問

(社外広報編)

Q「リリースを出したら、マスコミに出られるの?」
A広報・PRの世界の中で「リリース配信」の目的は、マスメディアに登場することではなく、企業・組織がパプリック(大衆)に対して、「情報を共有する」ことにあります。「情報開示」は現代社会が企業に求めるものの一つです。 情報開示性が低い場合、危機管理上、隠蔽体質の企業ではないかと判断される可能性もありますので、情報を常に発信し続けることが大切です。
Q「でも、テレビ(新聞)になんとしても出たい」
A「広報」は、「情報発信」が主たる目的で、その発信した情報を取り上げるか否かの判断はあくまでもマスメディア側にあります。それでも……ということでありましたら、PR会社や広告代理店様等にご相談していただくことをお勧めいたします。
Q「郵送はなぜウチがしないといけないの?」
Aマスメディアには日々、数多くのリリースが届いています。一般の封筒で送らてた場合、どの企業から送られたかが分からず、DMと勘違いされ、開封もされずに廃棄されてしまうことがあります。そのような行き違いをなくすためにも、「自社封筒」でお送りいただくために、お願いしております(郵送代行も別途見積もりにてお受けいたします・封筒はご用意ください)
Q「リリース作成で取材って必要?」
Aより企業の魅力を引き出すには、取材は必要です。社内では分からない、新たな魅力・視点が生まれるかもしれません。
Q「中小企業だけどリリースなんかしなくていいんじゃない?」
Aいいえ。むしろ、大企業にも負けない商品・サービスを有する中小企業様だからこそ情報発信を積極的に行う必要性があります。情報を発信する行為に企業の大小は関係ありません。発信し続けることで、取り上げてくれるマスメディアが必ず現れるはずです。